コジコジ5話の好きな名言とシーン感想まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
手紙を書こうこころ

コジコジとは

日本のファンタジー、ギャグ漫画。

TVアニメは1997年から1999年に放送された

(c)さくらももこ/TBS,日本アニメーション



手紙を書こう


好きなアニメや漫画の

好きな名言とシーンをまとめていきます

(ときどきキャラクターや

ストーリーにツッコミしたりします)

ゆるっとご覧ください

個人的見解と解釈を含みます

ご了承くださいませ

好きなコジコジ先生のセリフ

他キャクターの好きなセリフ、シーンを

1話ごとまとめていくシリーズです


細かすぎるため、

伝わらない場面は

アニメをご覧くださいませ




【手紙を書こう】

【公式】さくらももこ劇場 コジコジ 第5話


いいんだよ、トミー。次郎くんは可哀想な半魚鳥なんだ

コジコジ5話より

カエルのトミーにコジコジが

言った言葉です( ◠‿◠ )


このフレーズはこの回で特に

重要な言葉なのかなと

個人的に思います


まぁ、なんの前触れもなく

こんなこと言われたら

次郎くんも

ムスッとしてしまいますよね笑


私もいいんだよ。あめさんはかわいそうな

人間なんだ〜

なんて言われたら

ショック受けます(⌒-⌒; )


確かに次郎くんは

半魚鳥ではありますが

飛べない泳げない

だからといって

本当に可哀想なのでしょうか


本人が

全く飛べないこと泳げないこと

をコンプレックスに

思っていなかったり

むしろ

特に生きる上で困ってなければ

いいのでは〜と考えてしまいます


私は、

他人に【可哀想】とか

反対の【羨ましい】いう

言葉をなるべく言いたくないです

ですが

日常的に無意識に使っている

とは思います(⌒-⌒; )


実際に

この前一人で原美術館へ

行った時、

この周辺に住んでる人たち…

純粋に

【羨ましい!】

と思ってしまいました

思うだけなら

いいかな(⌒-⌒; )


なぜ人に可哀想とか羨ましい

と言いたくないかと言うと、

その人が心に抱えているものは

私には全く分からないからです


時にいらない優しさが

人を傷付けてしまうことも

あるのかな〜と思うので


私は過剰に

他人に関心を持つことが

できないのです


自分の物差しで

人が可哀想だとか

あの人は幸せな人だとか

決めつけたくはないからです


その人が

可哀想だとか幸せだとかは

本人の心が決めることなのかな〜


だけどやっぱり人間は

自分の価値観で

人やものを見ている気がします

そんなこと思っている自分も

好きな人やものには

なぜか関心を持ってしまいます


人の心は不思議だ

このシーンを見てそんなことを感じた



相手にしてくれなきゃ、こっちも相手にしなきゃいいのに〜

コジコジ5話より

神さまに手紙かくルルちゃんに

コジコジが言った言葉


ここでのテーマは〔憧れ〕

相手にされないと分かっていても

書いてしまう手紙


私は小学生の時

いわみえいこ先生の【ひよこ星人】

という4コマ漫画が

大好きで

ファンレターを書いたことがあります

人生初のファンレター

で返事は期待してませんでしたが

なんと返事が来たのです!( ^ω^ )

それはもう歓喜


ですが返事が来なくても

手紙を書きたい

その気持ちは分かる気がします

〔憧れ〕は

人の空想も入っている気がします


ストーリーに戻りますが

実際のところ

神さまが本当にあの写真の人物か

定かではありません

だけど神さまに手紙かいているみんなは

自分の中の神さまのイメージ〔空想〕

を大いに盛り上げて

ワクワクした気持ちになっています


〔憧れ〕は

目に見えない余白に、

自分の空想をはめ込めるからこそ

綺麗であり楽しくなり

ウキウキワクワクするのです…

きっと

★ガーンの顔からキャンディー

コジコジがガーンとこの顔から

ピンクのキャンディーを

出して〔次郎くん食べる?〕

と言うシーン


このガーンの顔が好きなのと

コジコジの切り替えの速さ

を見習いたいです


★やかんくん自分で聞きなさいよ笑


やかんくんが

ぺろちゃんが神さまに手紙を書いてる

のかってことを

コジコジにぺろちゃんに

聞いてくれる?と頼むシーン


やかんくんぺろちゃんが好きなら

直接聞けばいいのに…笑

と私は思ってしまう


好きなのに告白できない

ってなかなかもどかしいことだ

と思います


やかんくんはきっとぺろちゃん

のことは好き、

だけど

〔憧れ〕の存在だから

直接そんなことを聞く勇気が

湧いてこなかったのかな


それにしても

ぺろちゃんってなんて

素晴らしいメルヘン人なんだ…

って思います

誰にでも平等に接していて

なおかつ可愛くて優しい

ただ高いレベルで鈍感だなぁ笑

★落ち込むやかんくん


やかんくん自ら

ぺろちゃんは〔憧れ〕の存在であり、

手の届かない人なんだと言っても


コジコジに

〔相手にしてもらえないんだね〕

と言われて落ち込むやかんくん


ここで心の矛盾を感じる

どうせ

自分なんて相手にしてもらえない

と諦めているのに


心のどこかでは

好きで憧れの人に

振り向いてほしい相手にしてほしい

と思っているのかな


と、

やかんくんの立場になって

考えてみました

恋心は複雑なんだね


片想いより

両想いの方が

やっぱりHappyなのかな


好き×0=0より

好き×好き=Happy!!の方がいい!

と思ってしまいます

個人的な考えです

やかんくん、がんばれ!



お父さんと、お母さんと、子どもだね

コジコジ5話より

ゲランとコジコジが

話している途中に

幸せそうに笑いあう半魚鳥の親子


その親子を見ながらコジコジの

言った一言

このシーンを見た時に

冒頭でコジコジが次郎くんに

放った

〔次郎くんは可哀想な半魚鳥なんだ〕

がハッと私の脳裏でリピートされて


この親子も

次郎くんと同じ半魚鳥

飛べない泳げない半魚鳥

だけど

すごく楽しそうで幸せそう


そして改めて

その置かれた環境や自分自身

の幸せはその本人次第による


ことの象徴なのかな〜

と勝手に解釈しました


★郵便局の何か書いてるクマさんかわいい

このメガネクマさん好き


腕にアームウォーマーを

つけて作業しているところ

がいい


今はもう閉店してしまったけど
私の母がお気に入りだった

喫茶店のマスターも

こんなような

アームウォーマーをつけていたな

★そもそもコジコジってなんなんだろう


次郎くんをはじめ、

コジコジ以外のキャラクターには

家族が登場しますが


コジコジのお父さんとお母さんは

はっきりと登場しません


コジコジってなんなんだろう

ネットで調べると色々な説

がありますが


アニメの中では宇宙の子と

表現されています


見た目が

ライオン×ハムスターみたい

だから動物かと思ってましたが

いったいなんなんだろう
コジコジは何から産まれたの



おとうさんおかあさん、コジコジはげんき

コジコジ5話より


この手紙のおかあさんの

斜め右上にこんなマークが



冒頭でコジコジが次郎くんに

(これなんて読むの?)

と聞いた便箋の模様に

どことなしか似ているような

それか書き間違えなのか





最後まで見てくれて

ありがとうございました

それでは楽しい人間生活を!

いってらっしゃ〜い( ◠‿◠ )

コメント

タイトルとURLをコピーしました