銀座クラブの記念パーティーで、新人ホステスと間違えられホステスさんに激怒された話〔地下アイドル時代〕

スポンサーリンク
スポンサーリンク
銀座ホステスに怒られる地下アイドルのあれこれ

浴室にて。

地下アイドルのあれこれ

最近、Amazonプライムビデオで 

黒革の手帖 を観ている管理人です。

【公式】Amazonプライム会員【30日無料体験】




私は結婚する前、アルバイトをしながら地下アイドルの活動をしていました。


フリーで活動していた時の出来事です。

関連記事⇨地下アイドルの楽しかったこと 5選

黒革の手帖 を観ていたら、

ふと思い出したことがありまして。

〔※ドラマの内容とはほぼ関係ありません〕



タイトルの通りの話なのですが、


私の中だとかなり衝撃的な経験でしたし

ホステスさんってすごい仕事だな〜と感じた出来事でした。


それから、人に謝るという点で勉強になったことがあったので共有させていただきます。

知り合いに頼まれた



知り合いの人が以前勤めていたクラブの何周年か忘れてしまいましたが

記念パーティーで何曲か歌ってほしいと頼まれたことがありました。




その知り合いの方には良くしていただいていたので、全然いいですよ〜という形で

出演することにしました。


(この頃の私はお金に困っていたので、仕事になることはほぼokしていたような…)


そのクラブのママと知り合いの方とパーティーの前に焼肉に連れて行ってもらいました。


私は親がよく地元のスナックに行っていたので、

小さい時からそういったスナックには何度か行ったことはありますが。


クラブのママと話をするのはこの時が初めてでした。

クラブのママはとても綺麗で、話も楽しかったです。

常日頃、色々な人と話ししているんだろうな〜という印象でした。

パーティー当日


当日、衣装に着替えてパーティーに出席されるお客さんが来る前に

食事する席に座っていました。



銀座のクラブなんて高すぎて私には絶対行けない場所なので、

当日は少しワクワクしていました。

もうひと組出演されるであろう演歌歌手の方とマネージャーさんも座っていました。


私はこの時フリーで活動していて、マネージャーとして付き添いを頼める人もいなかったので

1人で行きました。

いきなり怒られて、少し落ち込む

ボーと座って出演時間を待っていました。

お客さんが来場されたとき、初対面のホステスさんに

いきなりなんの前触れもなく『何座ってるの?お客様に前菜運びなさい』と怒られました。



多分、ちゃんと引継ぎがされてなかったのかもしれませんが

私はあれ?もしかして今日歌うだけの話だったけどアルバイト扱いだったのかな?と思い

急いで前菜を運びました。



その後、ホステスさんに怒られたと知り合いの方に話たら

そのホステスさんの勘違いだったらしく…



歌う前に少し落ち込んでしまいました。

CD足りずさらに落ち込む


当日自作CDアルバムを10枚持っていきましたが、

予想以上に買ってくださる方がいてCDが足りなくなりました。


そして自分の不甲斐なさや準備不足に恥ずかしくなり、さらに落ち込みました。



いきなり怒られるは、せっかくたくさんの人に歌を聞いてもらえる機会なのに

どうせ売れないだろうと思い10枚しかCD持ってこなかった自分にもイライラしてしまいました。


そして私の後に歌っていた演歌歌手の方の歌が本当にすごくて(さすがプロ)

3倍凹みました。

こんな時、自分のメンタルの弱さにとても傷つきます。




お詫びに



心が沈みかけていたその時、さっき私に怒ったホステスさんが

ケーキの盛り合わせを持ってきて『先程は失礼しました』と

誠意をもって謝ってくれました。

怒られたとき、私はとても理不尽な気持ちになりましたが

こうしてちゃんと謝ってくれる人はすごいと素直に思いました。



今まで接客業や保育の仕事、色々な職場でも自分の間違いに気付いたら

傷つけてしまった人に直接誠意をもって謝ることができる人は

年配であればあるほど、

人より地位が高ければ高いほどできない人が圧倒的多いと感じていました。



私も同じ立場であったら素直に誠意を込めて謝るということは出来ないかもしれません。

なんで私が?と思ってしまうかも…。

好きな人には謝ることが出来ても、

そうでない他人に謝るのは結構難しい。

といっても世の中理不尽な出来事はたくさんありますけどね。



ですが私はこの日この出来事にすごく感動しました。

それにお客さんをすごく大切にしている印象でした。

私にはとてもこの仕事は務まらないなと思いました。

誰にだって間違いはある

偉そうなこと言ってる人もどんな人だって

そして私も。


間違えたり失敗したり反省すべき出来事って起こると思います。

私も人を傷つけてしまったり、

なんでこんな失敗をしてしまったのだろうと後悔してもしきれない出来事もあります。



この出来事を通して、悪気はなくても何か間違えてしまった時『自分は悪くない』ではなく

・問題が起こる原因を考える

・誠意をもって素直に謝る

・次、失敗しないようにどう改善していくか考える


自分の頭で考えて、すぐ行動できる人になりたいと思いました。


どんな経験も貴重

どんな経験も無駄とか無意味ではないと思いたいです。


自分自身の中ではこんな経験したくなかったと思う経験も日が経てば懐かしくて、

あれもこれも現在の自分をつくりあげてきた貴重なものです。

どんな経験もお勉強させていただいた

そう思って学ぶ姿勢を大切に日々過ごしたい。

まだまだ勉強することがたくさんありますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。


それでは、楽しい人間生活を!
いってらっしゃ〜い( ◠‿◠ )


アメーバでは日記を更新しています。

『あめ邸blog』



踊ってみたをアップしています

あめのYouTube 

コメント

タイトルとURLをコピーしました