シンプルな暮らしの中での本当の贅沢とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
持たない暮らし


書斎より

持たない暮らし

下重暁子〔著〕中経出版/2008





シンプルな暮らしって

物のない暮らし?

ただ単に物がない

暮らしとは違うと思うよ

時代が変われば

物に対する私たちの考え方も

変わっていくものなのかな〜

おおまかな内容

シンプルな暮らしとは

ただ単に物を減らして捨てることではなく、

人や物を大切に、その命を生かしてこそ

シンプルと著者は言う



著者:下重暁子さんの

心豊かになるための知恵や美意識、

シンプルに生きる為の考え方、

著者の貴重な体験談が綴られている


敗戦後、
今の日本では考えられない物不足になり、

人々は物を欲しがり
豊かさを追い求めすぎたため

逆に不自由さにさいなまれている

時代の変化とともに変わる

私たちの物へ対するの欲望
について深く考えさせられる


感想

Amazonレビューでは
ただの金持ち自慢だ!

などのコメントが多くて

そんな見方をする人もいるのか…
とビックリしました


著者:下重暁子さんは
生粋のお嬢様という印象です


物をどう大切にするのか
著者の物へのこだわり
大切な人たちへの関わり方

私はとても素敵だと思います


確かに生活レベルが
違いすぎるため共感はせずとも

こんな考え方ができるんだ

と気付かされることが
たくさんありました


人は自分の中に

体験や経験したことがない

そもそも概念がないことを語られても

理解できなかったり
もっと違う視点で
考えを深めることが
できなかったりするのかな

私もまだ知らないことが多すぎます

この本が出版されたのが
2008年

ちょうどミニマムリストという
言葉が流行りだす約7年前ですね

それまではやはり社会全体が
物への強い執着があったように
感じます

こんな人は読んでみてね

•豊かな生活とは何か考えたい人

•本当に自分に必要な物を見極めたい人

•シンプルに生きたい人

著者:下重暁子さんは

1936年生まれで日本では

物の少ない時代に生まれていたんだね


今はミニマムリストのような

物をあえて持たない人も多くいるなんて

この時代には考えられなかったのかもね

最後までお読みいただき

ありがとうございました

それでは楽しい人間生活を!

いってらっしゃ〜い( ◠‿◠ )

コメント

タイトルとURLをコピーしました