リゾートバイト体験記:長野県の山奥の温泉宿での1週間

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの本

本日は

リゾートバイト体験記:長野県の山奥の温泉宿での1週間

を書きます。

人生初のリゾートバイト!

まだ一度しかしたことはありませんが、

また行くことが出来るのであれば同じ場所で

リゾートバイトをしたいなと思っています。

リゾバといえば大学生の方が友だち同士で

いくイメージかもですが

私は一人で行きました( ◠‿◠ )

リゾバしたことがある方もない方も

リゾートバイトってそんな感じなのか〜

と思って見てくれたら嬉しいです。

高速道路のど真ん中へ降ろされる




新宿から高速バスに乗って行きました。

ですが高速道路のど真ん中の

周りはほぼ山しかない場所に降ろされた時は

(?)

あれ間違えて降りたかなと思いました。

同じ場所で降りた方達は家族が車で

迎えにきていました。

私だけキャリーバック持ったまま

その場でポツン…

とりあえず近くにあった営業所?町役場のような場所で

すみません、〇〇へ行きたいんのですが…

と聞き

リゾートバイトの会社からきた宿の行き方

を見ながら、

Google マップ見ながら

ふらふら歩きバス乗り場へ到着。

この時点で30分ほど歩きました。


次のバスの時間が1時間後。

【わたしはマララ】

というタリバンに頭を撃たれた少女マララ・ユスフザイさんが執筆した本を読みながら、

バスを待っていました。

この1週間この本をすきま時間に読んでいました。


宿が山奥のため駅からバスで30分以上かかる




バスが来て、

そこからまた30分ほど山道を見ながらバスに揺られボー…としていました。


私を含めて2組しか乗ってないバス。

所々錆びついていて年季の入ったバス。

田舎って本当に静かで人が少ないんだなぁ〜

田舎に住んでる人いいな〜と思いました。



住むには少々不便そうだけど。

隣の芝生は青く見える。現象ですね。



田舎は田舎でいいところもあれば

不便なところもありますからね。

朝4時間、夕方4時間働いてその他は自由時間!


家族経営されている宿で、

みなさん気さくな方ばかりでした。



仕事は

やりながら覚えるという形でした。

基本短期バイトがやる仕事は、

朝食・夕食のセッティング

ご飯出す

夕飯のみお酒の提供(注文された人のみ)→

食器下げる

ダイニングの掃除

時間が余ると仕込みのお手伝い。



私の他にもう一人大学生の男の子もいました。

旅が好きみたいで、一人や友だちとで南米とかに行っている

なんて話もしていて

若さは素晴らしいな〜と思いました。

ご家族経営されているということで

賄いを食べながらその宿の話や

今まで来た芸能人の方の話なども聞かせていただきました。



バイトの後に毎回こうやって

人とご飯を食べながら話をする

という経験はとても新鮮でした。



仕事終わりに

みんなで賄いを食べるのですが

美味しすぎて毎回お代わりしていました。



私があまりにも食べるので

3日目くらいからはご飯を山盛りによそってくださいました。

1週間のみの仕事と思うと人間関係の縛りも恐怖も

半減するので個人的には

リゾートバイトは有難いなと思います。


4人部屋を貸切り



1週間のうち寝泊まりさせて頂いた部屋は

4人部屋の和室でした。



こんな広いところ一人で使っていいの!?

と感激しました。



大学生の方に1日目

あの部屋にひとりって怖くないですか?

と聞かれました。



あめはドールを持ってきてたので

この子たちもいますし(この子たち生きてるんです!とかは言っていない)

私はひとりが好きなので大丈夫なんですyo!

と言ったら

ぇえ…怖いですΣ(゚д゚lll)

と少し引かれてしまいました。

本当にホラーとかひとりが無理な人は

確かに怖いのかなと思います。

夜は真っ暗でかなり静かですし、

建物は年季がはいっていて…

夜中お花摘みに行く時は

ホラー映画のシーンで絶対出てくるような雰囲気の廊下ですし。



あめは小さい時から幽霊とかオカルト的なものが

好きでしたが、全く霊感がないので

お会いしたことがないのです。



幽霊よりも人の方が怖いため

そういった誰もいない場所にいても

逆に心は平穏で居られるのです。


お仕事終わりの温泉最高!



そしてお仕事終わりや自由時間

に温泉に入ることができるのですが

本当に最高でした。

お客様は早めに温泉に入るため

ほぼ毎日貸し切り風呂でした。

私はスーパー銭湯が好きで

よく行くのですが、

山奥で入る温泉は非現実的

また違ったお風呂の良さがありました。

その宿の温泉は白く濁っていて少し熱めでした。

お風呂場から部屋までの距離があるため

その間歩きながら風に当たり

ふぁぁ幸せだ〜そう思いました。

生存確認のため、あごさんには

朝と夜にご連絡をして

その他のSNSは使わないようにしていました。

なるべく機械的なものに触れず過ごしたかったのです。





無性に千と千尋の神隠しが見たくなった



自由時間は

部屋にいてもいいですし

宿の周りを散歩してもいいですし。



私は

自由時間に本を読んだり、

ドールの撮影をしたり

あとは疲れて爆睡してました。



4日目くらいに

無性に千と千尋の神隠しが見たくなり

PCで千と千尋を見ていました。



千尋がハクさまにおにぎりもらって食べるシーン。

あのシーンは

何度見ても泣いてしまいます。

千尋の元気が出るように

まじないをかけて作ったんだ お食べ

好きだ——-(´;Д;`)

どうやって作ったんだろう。


私は生まれて初めて食べ物を

食べ物だと認識したのが

おばあちゃんが作ってくれたおにぎりでした。

だからなのか

このシーンを見ると胸が詰まるように

懐かしくじん…と感動してしまいます。

帰り際すこし寂しい



私は人が怖いと思って過ごすことの方が

長かったのですが

この期間、宿の方や大学生くん、

宿泊されていたお客様みんな温かくて

帰り際すこし寂しくなっていました。

今度は彼氏さんとおいで〜と

女将さんが言ってくれました( ◠‿◠ )また行くね。


まとめ



リゾートバイトのレビュー口コミで

キツイ!大変!厳しい!という声も

多かったので実際どうかなと思い

体験してみました。

それは自分が選んだ宿にもよる

ということだったのかなと思います。

またリゾートバイトに行きたいな〜

体験記を書きながら思い出すあめでした。

最後まで見てくれて

ありがとうございました。

それでは楽しい人間生活を!

いってらっしゃ~い( ◠‿◠ )

コメント

タイトルとURLをコピーしました