ゆとり世代の私が子どものときよくした遊び5選

スポンサーリンク
スポンサーリンク
体験記

本日は

ゆとり世代の私が子どものときよくした遊び5選

をお届け。

大人になるにつれ

周りに合わせることが増えてきた

感じていたあめですが、

最近は本当に好きなことができる毎日なので

ストレスフリーです。

それでふと思ったんです。

いったい自分は何が好きだったのだろう…

例えば、

本当はインドアだけど、仲良しグループの子たちは

アウトドアだから無理に付き合ってたり。

本当はアウトドアだけど、たまたま好きになった人が

インドアの人だったり。

仕事の付き合いで行きたくもない場所へ連行されたり。

そうやって人との関係を保つため

自分の好きに蓋をする日々を過ごしていくと

本当に好きだったことって忘れていくような…

こちらの記事をきっかけに

ご自身の子ども時代を思い出して

ああ〜自分こんなことしてたな!と

感じていただければ幸いです( ◠‿◠ )

ゆとり世代の私が子どものときよくした遊び

4コマ漫画を書く

当時、母が少女漫画マーガレットを

毎月買っていまして。

小学生のあめは少女漫画より

マーガレットで連載されていた

いわみえいこさんのひよこ星人(おませなギャグ劇場)漫画に興味が湧き。

母がマーガレットを購入してきたら必ずチェック

していました。

いわみえいこさんにファンレターを送り、

ハガキで返事をいただたことも覚えています。

ハガキにひよこ星人の絵も描いてあり

当時の私はかなり感激しました。

20年前ほど前のことで、

しばらく実家にも帰っていないためそのハガキの行方は分からなくなってしまいましたが…

親に処分されていなければ

タンスの中のどこかにあるはず。

それで4コマ漫画にハマり小学生の時は

ストーリーや絵はめちゃめちゃですが

ひたすらギャグ漫画を描いてました。

とにかく好きだったので暇さえあれば

漫画を描いてました。

家族を観察して漫画にしたりもしていました。

ひたすら、なわとび

確か小4の時、

新しい遊具で縄跳びのジャンプ台が導入されました。

当時そのジャンプ台が人気で

休み時間になると

みんな一斉になわとびをジャンプ台で飛ぶため

ダッシュします。

つまずいたら交代という形で並ぶのですが、

あめはやたらなわとびが好きでした。

今思うと

なわとびするために列に並ぶって。笑

三重跳びはできませんが

二重とび、二重あやとび、二重交差跳び

は大人になった今でも出来ます。

体力はきっと落ちてますが…笑

マイブームだった

なわとびもいつしかやらなくなりました。

体力づくりの為のもたまには飛ぼうかな。

ごっこ(なりきり)遊び

休みの日は

妹たちとレストランごっこ

とか

アイドルオーディションごっこ

とか

ごっこ遊び大好きでした( ◠‿◠ )

何かになりきったり

することが楽しかったのかと思います。

そして1番上の姉という立場を利用して

かなり仕切っていました。笑

学校ではわりと控えめな性格だったけど

家族間ではそのストレスを発散していたのかも

しれません。

当時大好きだったナルミヤインターナショナルの

メゾピアノエンジェルブルー PENTY’S

のお洋服を妹たちに着てもらい

あめはカメラマンになりきり

『ん〜もうちょっとクールな感じでいける?』

ドヤ( ´_ゝ`)

とか言っていました。

最近見つけたその当時の写真を見て

妹たちと大爆笑しました。

幽霊図鑑つくる

これは完全に中二病だったのかもしれません。

黒歴史すぎる。

あめはオカルト、都市伝説や霊的なものが

物心がついた時から好きでした。

当時のあめには、その…

どう説明したらいいのか分からないのですが。

それらしきものが見えていたらしく。

幽霊図鑑を作っていました!笑

この霊は悪いやつとかいいやつだとか

鎮め方はこの方法(魔術的な?)だとか。笑

今思い出すと鳥肌が立つような遊びばかり

していましたな。

大人になり

中二病でも恋がしたい!

というアニメを見て

初めて中二病を知りましたが。

アニメを見た時、待ってこれ自分のこと?

あそこまで本格的ではありませんが

当時のあめは魔術も使えましたし、

幽霊とも交流できていたようです。笑

中二病

駄菓子屋行ってザリガニ捕まえる

あめが小学生の時は

まだ駄菓子屋さんがありました!

今はショッピングモールやテナントに入ってる

お店しか見かけませんが…。

今も小さな駄菓子屋さんってあるのかな?

探せばありそうですね。

友だちと放課後に駄菓子屋さんに行って

モーニング娘。さんのプロマイド5枚くらいと

もちチョコとポテトフライを買って…

汚いドブへ行ってザリガニを捕まえて、

観察して、逃して…

バッタやカマキリも獲ったな…。

友だちの家かあめの祖父母の家か

公園で適当にお菓子食べたり。お喋りしたり。

そんなことが毎回たまらなく楽しかったのです。

当時遊んだ友だちは連絡先も知らなければSNSでも繋がってませんが

みんな楽しく生きてるかな〜?

とふと思い出しました( ◠‿◠ )

まとめ

いかがでしたか?

今思い返すと

中学生、高校生、専門学生、どの学生時代より

も一番心から楽しんでいたのは

小学生の頃の自分でした。

子どもは

楽しむことのプロですね( ◠‿◠ )

あの時の気持ちを忘れずに

楽しむことの原点を思い出して

日々を大切に

過ごしていきたいなと思いました。

最後まで見てくれて

ありがとうございました。

コメントもお気軽にどうぞ( ◠‿◠ )

この記事が気に入ってくださったら

↓ご自身が使用しているSNSのアイコンで

シェアしてくれたら嬉しいです。

では、また更新しますんすんー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました